羽田空港へのアクセス 東京モノレール

きっぷのご案内

きっぷの種類

きっぷ(乗車券)の種類や有効期間などについてご案内します。

普通乗車券 片道乗車券
  • 各駅にて各駅発となる乗車券を発売。
  • 発売日に限り有効。
往復乗車券
  • 羽田空港国際線ビル駅、羽田空港第1ビル駅、羽田空港第2ビル駅発着となるものは10日間有効。
  • その他の区間発着となるものは2日間有効。
回数乗車券 普通回数乗車券
  • 11枚つづりで発売日から3ヶ月間有効。
  • ※おとなの回数乗車券1枚でこども2人までご利用になれます。
通学用回数乗車券
  • 11枚つづりで発売日から2ヶ月間有効。
  • ※放送大学学生旅客運賃割引証を提出した場合に限ります。
定期乗車券
  • 新規定期乗車券は7日前から、継続定期乗車券は14日前から発売。
  • 発売箇所:モノレール浜松町駅、羽田空港国際線ビル駅、羽田空港第1ビル駅、羽田空港第2ビル駅
  • 発売時間:始発〜23時まで定期券発売機にて発売。(年中無休)
団体乗車券
  • 乗車日の21日前から発売。
  • 乗車日のみ有効。
  • 団体乗車券の計算方法はこちらをご覧ください。
その他の乗車券 入場券
  • 160円
船車券
(主な旅行会社にて販売)
  • 普通船車券
    発売は、通用開始日の2ヶ月前からで、通用開始日から1ヶ月間有効。
  • 団体船車券
    発売は、通用開始日の2ヶ月前からで、乗車日のみ有効。
委託乗車券
(主な委託契約会社にて販売)
  • 委託普通乗車券:発売日から1ヶ月間有効。

定期券をご購入のお客さまへ

同じ区間を長い期間繰り返し利用する場合は、定期券が便利です。例えば、東京モノレール線内を、「1ヶ月で16回以上往復」、「3ヶ月で45回以上往復」、「6ヶ月で85回以上往復」する場合、定期券のご利用が、断然便利です。(※普通運賃と比較した場合)

種類
  • 通勤定期乗車券
  • 通学定期乗車券
有効期間 1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月
発売開始日
  • 新規にお求めの場合
  • 利用開始日の7日前から発売します。

  • 継続でお求めの場合
  • 利用開始日の14日前から発売します。

発売箇所および発売時間
発売箇所 ☆自動定期乗車券発行機 定期乗車券売場(窓口)
モノレール浜松町駅
(中央口)
始発〜23時00分 7時00分〜19時30分
羽田空港国際線ビル駅(2階) 始発〜23時00分
羽田空港第1ビル駅
(南口)
始発〜23時00分 始発〜21時00分
羽田空港第2ビル駅
(北口)
始発〜23時00分

※お買い求めになりました定期乗車券の払いもどしにつきましては、「払いもどしについて」をご覧ください。

☆自動定期乗車券発行機について 自動定期乗車券発行機のイメージ

新規でも継続でも、自動定期乗車券発行機で定期乗車券の購入が可能です。一度お客さま情報を入力すれば、継続の場合、次回以降は入力が不要になります

  • 新規定期乗車券は使用開始日の7日前から、申込用紙の記入なしで購入できます。
  • 継続定期乗車券は、古い定期乗車券の期限が切れる14日前から購入できます。
  • 通学定期乗車券を新規でお求めの場合は、駅係員にお知らせください。また、新学年へまたいで継続される場合にも、駅係員にお知らせください。 
通学定期乗車券について
  • 発売区間は、自宅最寄駅⇔学校最寄駅間で、且つ、学校が通学証明書等により証明した区間に限ります。
  • お求めの場合は、学校が発行する通学証明書が必要です。
  • 年度をまたぐ場合は、窓口のみのお取扱いとなります。ただし、同一学年内の2回目以降の継続定期乗車券については、自動定期乗車券発行機でもお買い求めいただけます。
  • 通学定期乗車券を使用する際は、必ず学生証を携帯してください。お客さまの記入により、学校最寄駅を、指定最寄駅から任意の最寄駅に変更することはできません。また、自宅最寄駅が引越し等で変更になった場合は、学校の代表者によって訂正していただき、代表者印または校印を押印していただく必要があります。
  • 通学定期券は、次の1.〜3.のいずれかに当てはまる経路で発売いたします。

    1. ご乗車距離が最も短い経路
    2. ご乗車時間(お乗換え時間を含む)が最も短い経路
    3. 定期運賃が最も低額な経路

    ※クラブ活動や予備校等を理由として別区間の通学定期券をお買い求めになることはできません。(通勤定期券をお買い求めください)

お支払方法

現金またはクレジットカード(※)でお買い求めいただけます。

(※)クレジットカードは、浜松町駅定期券発売所(7時00分〜19時30分)でご利用いただけます。浜松町駅定期券発売所限定のお取扱いとなりますので、あらかじめご了承ください。詳しくはこちらへ[PDF/117KB]PDF

定期券発売駅までのご利用方法について
  1. 改札窓口で、駅係員より最寄の定期券発売駅までの普通乗車券をお買い求めください。
  2. 定期券発売駅までご乗車ください。なお、降りる際は、自動改札機を通らず、係員のいる通路をお通り下さい。
  3. 定期券購入後に、行きでご利用いただいた普通乗車券の運賃を払いもどしいたします。
  4. お帰りの際に付きましては、係員にお申し出いただければ専用の乗車券をお渡しします。
    (ただし、定期券が当日から使用できる場合を除きます)
  5. ※このお取り扱いは、モノレール線内のみで実施いたします。

    平成25年12月1日から開始

個人情報について 定期乗車券に関してご入力、またはご記入いただいた個人情報の利用目的は、以下のとおりです。また、当社では、ご入力またはご記入いただいた個人情報を、以下の利用目的の範囲内で取扱いを行う鉄道・バス事業社からの照会に応じて、その事業社に提供することがあります。
  • 定期乗車券の購入、払いもどし等のお申込み内容の確認
  • 当社からご連絡する必要がある場合の連絡先の確認(定期乗車券の拾得時等)

手回り品のご案内

車内に持込めるもの

  • 縦・横・高さの最大が250cm以内、個数2個、総重量が30kg以内のもの(旅行用トランク・スキー板など)。
  • 自転車はそのまま車内に持ち込むことはできません。持ち込む場合には、自転車を解体、もしくは折りたたみ、専用の袋(輪行袋)に収納した上でご乗車ください。
  • 小犬・猫・小鳥などの小動物を持ち込まれるときは、次のことをお守りください。
  1. 長さ70cm以内、縦・横・高さの合計が90cm程度の容積に入れ、重さ10kg以内のもの。
  2. 他のお客さまに危害または迷惑をかけるおそれがないよう、容器から頭や手足が出ないものであること。

車内に持込めないもの

おとなとこどもについて

「おとな」と「こども」の区分は次のとおりです。

おとな 12才以上(12才でも小学生は「こども」です)
こども 6才〜12才未満(6才でも小学校入学前は「幼児」です)
幼児 1才〜6才未満
乳児 1才未満

こども運賃・料金 (乗車券類を購入する場合)

「こども」の乗車券は「おとな」の半額です。5円の端数は切り上げます。

「幼児」、「乳児」の運賃・料金

「幼児」、「乳児」は無料ですが、次の場合は「こども」のきっぷが必要です。

  1. 「おとな」または「こども」1人に同伴される「幼児」の人数が2人を超える場合
    (3人目から「こども」のきっぷが必要です)。
  2. 「幼児」が単独で旅行する場合。

払いもどしについて

使用前で有効期限内のきっぷ・定期乗車券

次のとおり手数料をいただいて払いもどしいたします。

きっぷの種類 払いもどし条件 手数料
普通
乗車券
モノレール線内のみ 使用開始前で有効期限内 160円
連絡乗車券 220円
回数乗車券 220円
おトクなきっぷ 220円
定期乗車券 220円
団体乗車券 220円

使用開始後のきっぷ・定期乗車券

次のとおり手数料をいただいて払いもどしいたします。

きっぷの種類 払いもどし条件 払戻額(計算方式)
回数乗車券 未使用の券片で、有効期限内に限る(注1) 払戻額=回数乗車券−(使用済枚数×普通運賃+手数料220円)
定期乗車券 有効開始日を含む7日以内 払戻額=定期運賃−(券面区間の往復普通旅客運賃×使用日数+手数料220円)
1ヶ月使用(1ヶ月未満は1ヶ月に切り上げ) 払戻額=定期運賃−(1ヶ月定期運賃+手数料220円)
2ヶ月使用(2ヶ月未満は2ヶ月に切り上げ) 払戻額=定期運賃−(1ヶ月定期運賃×2+手数料220円)
3ヶ月使用(3ヶ月未満は3ヶ月に切り上げ) 払戻額=定期運賃−(3ヶ月定期運賃+手数料220円)
4ヶ月使用(4ヶ月未満は4ヶ月に切り上げ) 払戻額=定期運賃−(3ヶ月定期運賃+1ヶ月運賃+手数料220円)
5ヶ月使用(5ヶ月未満は5ヶ月に切り上げ) 払戻額=定期運賃−{3ヶ月定期運賃+(1ヶ月運賃×2)+手数料220円}
区間の変更をされる場合(新しい定期乗車券をお求めいただき、不要になった定期乗車券が対象)(注2) 払戻額=定期運賃−(定期運賃の日割額×10×使用した旬数(注3)+手数料220円)
  • (注1)払戻額がない場合もあります。
  • (注2)残日数が10日未満の定期乗車券は払いもどしいたしません。
  • (注3)旬数とは、10日(=1旬)単位とする(10日未満は10日に切り上げ)
  • (注4)クレジットカードで定期券をお買い求めのお客さま
  1. クレジットカードでご購入いただいた定期券の払いもどしには、身分証明書/購入時のクレジットカード/「お客さま控え」が、必要となります。
    ※上記必要書類をお持ちでない場合には、払いもどしにお時間をいただく場合、もしくは払いもどしができない場合がありますので、ご注意ください。
  2. クレジットカードでご購入いただいた定期券の払いもどしは、購入されたクレジットカードへの返金となりますので、ご了承ください。
    ※現金での払いもどしはいたしません。

障がい者手帳をお持ちのお客さまへ

詳細につきましては下記をご覧ください。
障がい者の方(身体障がい者・知的障がい者)および介護者の方への割引乗車券の発売について[PDF/65KB] PDF

団体運賃について

東京モノレールでは、15名以上のお客さまが、同一区間をそろってご乗車される場合には団体乗車券をご利用頂けます。

団体運賃の割引 種別 割引率
普通団体 普通運賃の1割引
学生団体 高等学校 普通運賃の2割引
中学校 普通運賃の4割引
小学校、保・幼稚園 こども運賃の3割引
無賃で乗れる人員 種別 団体構成人員および無賃人員
普通団体 15人以上50人まで・・・1人無賃
51人以上50人ごとに・・・1人無賃
学生団体 15人以上30人まで・・・1人無賃
31人以上30人ごとに・・・1人無賃
例)モノレール浜松町→羽田空港第2ビル間乗車の場合
  • ●普通団体 大人178人の時
    178人÷50人=3.56・・・4人無賃
    178人−4人=174人・・・運賃を頂く人数
    174人×450円(490円×0.9=441円の切り上げ)
    =78,300円となります。
  • ●学生団体 先生8人・小学生30人・付添父兄10人の時
    48人(8+30+10)÷30人=1.6・・・2人無賃
    先生8人−2人=6人・・・運賃を頂く人数
    6人×180円(250円×0.7=175円の切り上げ)=1,080円
    生徒30人×180円(250円×0.7=175円の切り上げ)=5,400円
    父兄10人×450円(490円×0.9=441円の切り上げ)=4,500円
    1,080円+5,400円+4,500円=10,980円となります。

全国の空港でモノレール乗車券を発売

券売機を設置してある空港

全国の券売機を設置してある空港

2014年4月現在

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 富山空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 福岡空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 宮崎空港
  • 長崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港

ホーム > きっぷ・Suica情報 > きっぷのご案内