大井競馬場前駅

大井競馬場前駅

昭和25年に開設した大井競馬場。
今ではトゥインクルレースとして夜空の下で駆けるナイター競馬は、若い人のプレイスポットとして人気を集めています。
対岸の大井ふ頭に渡ると、大井ふ頭中央海浜公園の一角に緑豊かな高層住宅群の八潮パークタウンがあり、その南側のスポーツの森には、テニスコート・球技場などの施設のほか人工なぎさの森公園などが整備されています。

住所 東京都品川区勝島2-2-35
開業 昭和40年5月
スタンプ設置 改札窓口(7:30〜19:30)

構内情報

拡大して見る
構内図
凡例

駅周辺情報

大井競馬場としながわ区民公園
大井競馬場としながわ区民公園

駅のホームから見ることができる大井競馬場は開催日には迫力満点のレースが展開されます。しかし、それだけがこの駅周辺の見所ではありません。競馬場近くにある、しながわ区民公園には、約300本の松並木、130本の梅、400本もの桜などが植えられ、季節ごとに訪れる人たちを楽しませてくれます。
また、ここではデイキャンプやバーベキューも楽しむことができ、家族連れや友人同士でぜひ訪れたいですね。また少し歩けば、芸達者なイルカやアシカがかわいい、しながわ水族館が見えてきます。

大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園

駅を降りて、勝島橋を渡れば、そこは大井ふ頭中央海浜公園のなぎさの森です。干潟に飛来するメダイチドリやキアシシギなどの野鳥を、観察小屋からバードウォッチングすることが可能です。他にもバーベキューが楽しめるエリアや、磯遊びや釣りなどができるエリアもあります。
さらに公園を奥に進むとスポーツの森になり、陸上競技場や野球場、テニスコートなど、本格的なスポーツ施設が並んでいます。

ページトップへ